産廃は破砕機で作業効率をあげよう~様々な種類の破砕機を知る~

工場

作業の効率化

工事現場

工事現場や災害現場には多くのガレキが発生します。それらは種類によって選別する方法が変わります。選別作業を効率良く行なう方法にガレキ選別機の導入があります。レンタルすることで費用を抑えることが可能です。

詳細を確認する

瓦礫をリサイクルする

工事現場

瓦礫選別は工場現場や解体現場、地震被害地などで行なっています。いろいろな建機を使って選別をし、リサイクルを行なっています。これに必要な建機をレンタルをして行なうといいでしょう。

詳細を確認する

専門業者に処理を依頼する

作業員

さいたま市で活動している事業所から出るゴミは事業系一般廃棄物で処理をしないといけません。家庭用一般廃棄物と一緒に処分することができないので知っておきましょう。処分する方法について紹介しています。

詳細を確認する

産廃処理のスピードアップ

作業員

工事現場や災害現場など様々な場所でガレキや産廃が発生します。産廃の処理を行なう施設では様々な方法があります。産廃の最終処分の段階では破砕という方法を用いるのが一般的ですが、この産廃の破砕は非常に大きなポイントになります。というのも産廃の大きさによって、焼却や圧縮の作業時間が大きく異なるからです。作業効率を向上させる方法が、産廃の破砕というわけなのです。産廃を破砕し、産廃自体の大きさを小さくすることで焼却や圧縮する時間を大幅に短縮することが出来るのです。また中間処理後の産廃を別の場所に運ぶ場合も非常に作業がスムーズに行きます。産廃の処理が必要な現場では粉砕という行程は欠かせないものなのです。

では具体的に産廃を粉砕する際にはどのようにしたら良いのかというと、答えは簡単です。粉砕機を使用するのです。粉砕を行なうための機械にはいくつかの種類があります。1つめは切断機です。切断機は産廃に力を加えることで均等な大きさに破砕します。次に一般的なものが回転式破砕機です。回転式には低速回転式粉砕機もあります。これは大型の産廃処理を行なう際に便利です。普通の回転式ではカッターを高速で回転させることで粉砕出来るのです。一方低速回転式は柔らかい性質の産廃処理を行なう際に利用されることが多いです。産廃の粉砕は、様々な種類の破砕機を使用することが可能です。結果的に大幅な作業効率の向上を目指すことが出来る破砕機の導入を検討してみましょう。

Copyright© 2016 産廃は破砕機で作業効率をあげよう~様々な種類の破砕機を知る~ All Rights Reserved.